10・22総選挙 小池劇場・「大義なき野望」の崩壊

 総選挙が終わった。一時は「政権交代」さえいわれたこの選挙であったが、結果は自公が再び三分の二を確保する大勝で終わった。ホッとしたのが率直な思いだが、この間、色々考えさせられたのも事実であった。ここは筆者なりの感想を記させていただく。

 その感想のまず第一は「小池劇場」にならなくてよかった、というものだ。希望の党の代表に突如自らが就任して話題を集中させるとともに、更に公示直前に民進党を丸ごとこの希望の党に合流させるというウルトラCは、まさに興行師も顔負けの「劇場型選挙」の典型ともいうべきものであったが、果たしてこれがうまくいっていたらこの日本は今後どうなったか、と今から思っても恐くなるからだ。

 幸い、この興業は失敗に終わり、左派メディアは今は尤もらしくその失敗を論じている。小池代表が「リベラル排除」をいったことをその理由とするものだが、筆者はここに彼らの陰湿な「作為」を感じざるを得ない。つまり、小池氏が単純に「反安倍」をいっている間はこれを全面的に持ち上げるが、それが「反リベラル」となれば絶対に許さない。逆に徹底して叩く、ということだ。小池氏はかかるメディアを自らがうまく操っていたつもりが、都議選以来の思い上がりもあったのであろう、ここのところを読み間違え、結果的に彼らの「虎の尾」を踏んでしまった、ということではないか。

 そこでこのメディアにとって、誠にタイミング良く誕生してくれたのが立憲民主党であった。もはや政権交代は諦めるとしても、ここはリベラルの崩壊を食い止め、何としても一票でも「反安倍」の国民意思を結集させねばならない、と以後は怒濤のごとく同党を讃える報道を展開したのである。政党の主張である限り賛成もあれば批判もあろう。しかし、驚くべきことに、同党を批判的に論じた彼らの報道は皆無だったのだ。

 そこで再び話を「小池劇場」に戻す。左派メディアにとってはともかく「反安倍」が全てであった。だから「小池劇場」は大歓迎であった。これに小池氏は乗った。ならば小池氏にとり「反安倍」とは何だったのだろうか。氏の目的が単なるそれであったのなら、民進党との野合は戦術としてはあり得る。しかし、氏はそこで「排除」の論理を持ち出した。政策が大事だとしたのだ。とすれば、この野合自体がそもそも矛盾だったのではないか。一夜にして民進党議員の主張を一八〇度変えさせることなど無理だし、またあってはならないことでもあろう。その意味で、筆者はメディアのいう「排除」が問題だったのではなく、むしろこの目的の曖昧さが国民の不信を買ったと考えるのだ。

 いずれにしても、小池氏の真の願いは何だったのであろうか。本当に「改革保守」の結集が願いだったのであろうか。そうではなく、あわよくば自らが首相に、という「野望」が主だったのではなかろうか。氏は今回の解散を「大義なき解散」と称したが、むしろ氏の今回のなり振り構わぬ行動の方こそ、ただ安倍首相を引きずり降ろし、自らがそれにとって代わろうとする「大義」なき「野望」そのものだったように思うのだ。

 小池氏の「野望」の崩壊により、ただ「反安倍」だけを軸とした勢力の野合による政権交代、というあの民主党政権再来ともいうべき悪夢は避けられた。しかし、メディアは相変わらず「反安倍」しかいうことはないようだ。この問題山積の日本において、まだ「モリ・カケ」が最大の問題だというのだから驚く他ない。これからはいよいよ憲法改正が正念場の議論となっていこうが、問題はこのメディアの偏執狂とでもいうべき「反安倍」主張であろう。与党による三分の二確保を喜びつつ、これからはその主張の注視が必要だと思う。(日本政策研究センター代表 伊藤哲夫)

〈『明日への選択』平成29年11月号〉