人権救済法案の国会提出 「見送り」は決定されていない

人権救済法案の国会提出

「見送り」は決定されていない


 

 問題の「人権救済法案」は通常国会への提出が見送られたとの報道がありますが、法案提出の見送りはまだ決定されてはいません。

 5月8日、閣議後の記者会見で小川敏夫法務大臣は次のように発言しています。

【記者】人権救済機関設置法案について,一部の報道では今国会での提出見送りとありましたが,現状はどうなっているのか,また,今国会に提出する意思はありますか。

【大臣】見送ったと決めた事実はございません。引き続き提出する努力はしているところでございます。ただ,時期も含めて具体的に提出するということが決まっているわけではございません。

 通常国会の会期は6月21日までですが、延長は必至。まだまだ国会提出の危険性は十分にあります。油断はできません。(日本政策研究センター メール・ネットワーク5月9日付)