有意義な「河野談話」検証報告

 先日、政府から出された河野談話に関わる「検証報告書」は有意義なものであった。むろん、物足りない所もあるとはいえ、このように系統的に経緯が明らかにされたことの意味は大きいし、一部には新たに明らかになったこともある。この報告書に河野談話への批判コメントがないことを不満とする感想もむろんあるが、今後の外国に対する発信等を考えれば、逆にここで事実のみを淡々と示し、評価は読んだ者の自由な判断に委ねる、としたことは、むしろ賢明な判断だったのではないか。

 このような場で報告書の全体を論ずることなどできないが、筆者にとってとりわけ印象に残ったことを、以下記してみたい。

 まず第一は、要は日本政府の弱腰ということになろうが、日本政府がいかに韓国政府の要求にひたすら耳を傾けたか、という事実である。そのようにして日本政府は譲りに譲り、文言についてはすり合わせまでして、談話を作成した。むろん、それを韓国政府は評価した。つまり、そこまで彼らはこの談話に深く関わっておきながら、今はそんなことは忘れたとでもいうかのごとく、当時の評価には口を拭い、改めて「真の謝罪と責任認定」が必要だ、などと主張しているのである。こんな韓国政府の実像を事実をもって公にしたことは、これからの対韓外交に大きな力を及ぼしていく筈だ。

  第二は、いわゆる「強制連行」は確認できない、との日本政府の認識は終始一貫していたということだ。その上で、韓国に一歩譲歩し、一部に「強制性」があったことは否定できないとし、更に河野談話では「総じて本人たちの意思に反して」募集、移送、管理等が行われた――との文言にまで譲り、決着を図ろうとしたわけだ。

 しかし、それでもギリギリ「強制連行」は認めなかった。にもかかわらず、河野官房長官(当時)は談話後の記者会見で、「強制連行の事実があったという認識なのか」と問われ、それに「そういう事実があったと。結構です」と談話と異なる発言をしてしまったのである。つまり、無知か確信犯かは知らぬが、談話の認識とは異なるこの発言が、今日に続く禍根を生んだのだ。その意味で、問題は官房長官談話というより「河野無責任発言」と、今後はいい換えるのが正しいのではないか。

  第三は、これは意外な事実であったが、元慰安婦への聞き取り調査による証言は、談話の根拠とはされなかったということだ。報告書には以下のようにある。

「聞き取り調査とその直後に発出される河野談話との関係については、……調査が行われる前から追加調査結果もほぼまとまっており、聞き取り調査終了前に既に談話の原案が作成されていた」

  ところが、これにつき、河野官房長官は元慰安婦の証言で心証が形成された旨、これまで繰り返し述べてきた。「まことしやかに嘘をいう」ではないが、これはまさに重大な虚言である。これで河野氏個人の誤った心証は形成されたにせよ、談話作成の事務方はむしろこの調査を談話発表前の「儀式」と捉えていたのである。

 いずれにしても、この問題が日韓間の外交問題になってから、河野談話の発表に至るまで、その外交経緯をこれだけ詳細に明らかにした文書の意味は大きい。政府はこれを英文にもしているが、これからはこれを外国の政治家、ジャーナリスト、学者に読んでもらうべく注力すべきだろう。これでは誤解払拭に力不足とする意見も当然あろうが、これを虚心坦懐に読み、それでも「強制連行」だの「性奴隷」だのと、なおいう者がいたとしたら、それはよくよく反日が商売の人間と心得るべきだ。

 「談話の信頼性を損なう」とは韓国政府の批判だが、まさにここにこそ意義がある筈なのだ。(日本政策研究センター代表 伊藤哲夫)

〈『明日への選択』平成26年7月号〉