「過去」を論ずるだけではない終戦70年

 終戦七十年を迎え、早くも安倍首相の「終戦七十年談話」に注目が集まっている。むろん、注目といってもその内容はワンパターンで、要は談話の中に「過去への反省」がどう位置づけられるか、この内容を薄めるようなことは断じて許されない、と今から首相を牽制するものが専らだ。終戦七十年にもなって、依然として「過去への反省」にしか関心がないとは、一体この人たちの思考はどういうことになっているのだろう。

  ところで、朝日の元旦の社説は「グローバル・ヒストリー」の薦め、毎日の四日の社説は「自分史に閉じこもるな」だった。いずれもナショナリズムに基づく排他的な歴史を超え、世界全体の歴史の中で自国の歴史を捉え直せ、とご高説を垂れたものだ。しかし、ならばその「グローバル・ヒストリー」の視点、「自分史を超えた」視点とやらを、この終戦七十年に当てはめた時、果たしてどういうことになるか、と逆に筆者としては問うてみたくなった。冒頭に述べた「過去」といえば「反省」としか返ってこない思考形態は、わが国の一部か中韓の主張にのみ特有のもので、まさにこれこそがその「自分史」そのものではないのか、と筆者には思えたのだ。

  考えてみてもいただきたい。この終戦以来の七十年の中で、一体どれだけの戦争があっただろうか。ここは中韓のみに限定しても、その中には当然朝鮮戦争もあったし、国共内戦もあったし、チベット侵略、大躍進、文化大革命等々、戦争以上に悲惨で残虐きわまりない歴史事件も数多くあった。にもかかわらず、どうして「過去」といえば、一方的断罪に貫かれたわが国のかつての戦争への「反省」のみが話題となり、一方、ここに挙げた他の戦争、あるいは悲惨な事件の「反省」なり「責任」の追及が話題にならないのだろうか。それはどう考えても、裏返されたある種日本的、あるいは中韓にのみ特有な視点、あるいは日本の「過去」にしか興味をもたない偏狭な視点でしかないのではなかろうか。

 元旦の朝日社説はいう。「自国の歴史を相対化し、グローバル・ヒストリーとして過去を振り返る。難しい挑戦だ。だが、節目の年にどうやって実りをもたらすか、考えていく支えにしたい。」

 また、毎日社説はいう。「今や歴史を排他的なナショナリズムから遮断すべき時期である。他者への想像力を伴ってこそ、その主張は受け入れられる。日本の政治指導者は、偏狭な自分史に閉じこもってはならない」。

 この言やよし。ならば、自らもこの視点で終戦七十年を論じてはどうだろうか。自国の自虐的な「自分史」をあえて相対化してみたらどうなるか。「自分史」のみへの徒に自虐的な視点に「他者への想像力」とやらを働かせ、それを世界標準に当てはめてみたらどうなるか。何も「他がそうだから」などというのではない。ただ、特定の政治志向をもったイデオロギー的視点を排した時、歴史はどう見えてくるか、それを試してみたらどうか、といいたいのだ。

  終戦七十年を論ずるということは、「過去」を論ずることだけでなく、七十年の「今」を、また「これから」を論ずることでもある。しかし、一部メディアの姿勢は依然として「過去」だけが関心対象だ。七年の占領の後、日本は講和条約に基づき過去の負債を償い、国際社会に復帰した。それは「敵対」を「和解と信頼」に変えた誇るべき歴史でもあるのだ。なのに、どうして日本が歩んだこの大道を見ないのか。

  終戦七十年はそうした歩みを確認し、将来に向け世界のための日本の可能性を展望すべき節目でもある。一部の後向きのイデオロギーに惑わされず、首相には堂々と世界に対し訴えてもらいたい。(日本政策研究センター代表 伊藤哲夫)

〈『明日への選択』平成27年2月号〉