ワイツゼッカー演説の「したたかさ」に学べ

 一月末にドイツの元大統領ワイツゼッカー氏が亡くなり、彼の「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります」という言葉が、朝日新聞などにも繰り返し取り上げられた。

 この言葉は、ドイツ降伏四十年(一九八五年)の際にワイツゼッカー氏が行った演説の一節だが、当時も今も謝罪・反省派はこの言葉を絶賛する。中韓の新聞はドイツはこんなに誠実に反省しているが、日本はまだまだ反省が足りないというときにこの言葉を引用する。しかし、そういう人たちは、このワイツゼッカー演説を読んだことがあるのだろうか。

*         *

ドイツ連邦議会
 
 

 この言葉は、ナチスドイツによるユダヤ人迫害、大量虐殺(ホロコースト)に触れた項目に登場する。ワイツゼッカー氏は、「一民族全体に罪がある、もしくは無実である、ということはありません。罪といい無実といい、集団的ではなく個人的なものであります」と述べ、ナチスの犯罪はヒトラーを筆頭とする少数の犯罪者によるものでドイツ人全体の罪ではないと言う。

 それゆえ、当時子供だったり、まだ生まれていなかったドイツ人には「罪」はない。罪はないが、ドイツ人は「過去に対する責任を負わされている」。その責任とはナチス犯罪という「過去」を「心に刻む」ことであるとし、そのために過去に目を閉ざしてはならないという文脈で、「過去に目を閉ざす者は……」と語られる。

 つまり、冒頭の一節はドイツが行った戦争ではなく、ナチスの犯罪について語ったものだということである。実際、ワイツゼッカー演説でも「歴史の中で戦いと暴力に巻き込まれる」こと(つまり戦争)はどの国にも起こり得るが、「ユダヤ人という人種をことごとく抹殺する」ことは「無比」の犯罪だと、まったく別の次元のものとして語られている。

*         *

 むろん、戦前の日本はナチス犯罪のような人種迫害や民族抹殺と無縁である。東京裁判はナチス犯罪を裁いた「人道に対する罪」でいわゆるA級戦犯を起訴したが、そうした事実は発見できず、判決は「人道に対する罪」自体を取り上げなかった。ワイツゼッカーの言葉を日本の戦争に援用するのは大間違いだと言える。

 それゆえ、戦後の処理についても日独は対照的である。日本はサンフランシスコ講和条約をはじめ、各国との間で条約を取り交わし、戦争賠償について誠実に清算を行ってきた。一方、ドイツは十兆円を超える戦後補償を行ってきたが、それはすべて人種や宗教を理由とした虐殺や迫害、つまり戦争とは無関係のナチス犯罪に対してである。一方、戦争の賠償は事実上棚上げされ、各国との講和条約や正式な賠償協定は結ばれなかった。

 それゆえ、対独賠償問題は未解決だと主張される余地は残されている。最近、債務危機にあるギリシャがドイツに戦争賠償を要求するという報道がなされたが、決して理由のないことではない。

*         *

 その意味で、ワイツゼッカー演説は日本にはあまり参考にならないのだが、興味深い部分もある。それは戦争に触れた部分である。言葉は慎重に選んではいるが、第二次大戦の開戦の際、ソ連も「自らの利益のために」ポーランドに侵攻したと言い、ヒトラーの台頭を英仏が放置したことについては「無実とは言いかねる」というチャーチルの言葉を引用し、戦後に起こった東欧からのドイツ人追放に対しては「(ドイツ人は)不正にさらされた」と指摘する。

 これは、日本の首相が演説のなかで、日米開戦は日本にも責任があるが米国にも責任があると述べ、満洲でのソ連の蛮行やシベリア抑留に触れることにも等しい。ナチス犯罪に対して罪はないが責任はあると言い、一方で戦争に対しては巧に戦勝国の非も指摘する。ワイツゼッカー演説に学ぶとすれば、こんな「したたかさ」ではあるまいか。(日本政策研究センター所長 岡田邦宏)

〈『明日への選択』平成27年3月号〉